ダイの戦略競馬

馬券期待値の高い激走馬を探り、馬券戦略で生き残る!

【2019 阪急杯】前走の大敗は収穫十分、この臨戦なら◎ロジクライ

f:id:iverson0173:20190108234632p:plain

当ブログへのご訪問ありがとうございます!

ダイ(@dai_senryaku)です。

 

日曜阪神競馬場11Rレース名(GⅢ、芝1400m)を前日予想を公開します。

 

前日予想

◎ ロジクライ

昨年夏~秋にかけての3戦の内容が、このレースで本命視する根拠になります。

 

A. 中京記念

5着までの内、4頭が4角9番手外だった差し追い込み決着のレースを、4番手追走で2着好走。

1、3、5着馬は外差しタイプのディープインパクト産駒。

 

B. 京成杯AH

4角捲りor差し追い込み決着。

3~4角で3列目から2列目に進出、馬群を捌いて雪崩れ込み3着。

連対したのは外差しタイプのディープインパクト産駒。

 

C. 富士S

・前半4Fと後半4Fのレースラップ…45.9-45.8

・ロジクライ自身の推定ラップバランス…46.2-45.5。

・上がり3Fのレースラップ…11.0-11.6-11.7

・2、3着は外差しタイプのディープインパクト産駒

 

共通点は、先行勢の中で最先着していることです。

また、京成杯AHでは唯一中盤緩んだレースでディープインパクト産駒に向く展開になり、位置取りも3列目と苦しい中で3着を確保しています。

 

更に連対した2走は、先行馬にとって決して楽なレースラップではなかったことも付け加えておきます。

 

一貫した速いペースの重賞レースで連対するには、前向きさと体力のストックを要します。

よって、2走前のマイルCSはの大敗は、3戦を走り切った疲労が原因である可能性が高いです。

昨年私が予想した時も、最初にこの馬を切りました。

理由はもちろん疲労で、大敗するだろうと考えての評価でした。(ちなみに馬券は外してますが…)

 

前走の東京新聞杯は1000mの通過が57.2秒という超のつくハイペースを、2番手で食らいついてましたから、流石にラスト1F手前で止まりました。

1400mの通過が1.20.0で、京王杯SCの勝ち時計くらい走っています。

度外視というより、距離短縮に向けてはプラス材料にもなるレース内容です。

 

以上から、

今回スタート5分で、2~3列目あたりにつけれれば勝ちきる可能性は十分ありと見て本命とします。

 

〇 レッツゴードンキ

他に推せる馬がいないので、内枠&坂コース巧者のこの馬を対抗にせざるを得ないというのが本音です。

簡単に言うと…逆らえない。汗

 

芝替わりも良い方に出ると見ています。

キングカメハメハ産駒の牝馬は内枠巧者が多いです。

 

▲ タイムトリップ

ややタフな1400mがベストでしょう。

阪神芝1400mは2走前のファイナルSと昨年の阪急杯。

前者はスタートで挟まれ後方から展開、更に直線でも挟まれながら上がり最速で4着入線。

後者はスタートで控えて後方から。

直線でイン強襲を試みるも、スピードが乗った所で進路を塞がれ終戦という内容でした。

それでも0.3秒差まで詰め寄っています。

 

ただし、常にスタートに気を使う、軸には据えづらいタイプです。

スタートが決まって2~3列目あたりにつければ、このメンバーでも見劣りはしませんが、好走したレースは全てスムーズに展開できたものです。

当初、対抗以上も考えましたが3番手が精いっぱいということで…

 

☆ ダイメイフジ

△ ミスターメロディ

△ リョーノテソーロ

 

ミスターメロディは平均ペースで走り切らせると安定しますね。

ただし、前走阪神Cで好走したことで最もマークされる立場になります。

この馬は1番人気で重賞を勝つというより、中位人気でちゃっかり3着内にくるイメージを持ってます。

 

 

競馬ブログのランキングに登録しています。

心ばかりの応援クリックを頂けると、大きな励みになります。

宜しくお願い致します。


最強競馬ブログランキングへ

 

ブログ更新はTwitter(@dai_senryaku)でお知らせしております。

それ以外にも、競馬のことで気づいたこと、一言お伝えしたいこと、勝負レースの結果などポチポチつぶやいてます。

フォロワー登録、大歓迎です!

宜しくお願い致します。

 

 

また、下記のボタンからの読者様も歓迎しております。

レース予想のみならず、皆様の馬券予想に役立つ事を目的とした記事の構成を練っています。

ブログ読者のご登録もお気軽にどうぞ!