ダイの戦略競馬

馬券期待値の高い激走馬を探り、馬券戦略で生き残る!

【土曜競馬】小倉2R、阪神5R、阪神10R、中山12R

f:id:iverson0173:20190108235908p:plain

 

当ブログへのご訪問ありがとうございます!

ダイ(@dai_senryaku)です。

 

土曜の勝負レースを公開します。

 

 

天候&馬場状況

中山競馬場

芝コースはAコースでの開幕となります。

前開催との感覚が詰まっていますので、インが有利になると見ています。

中山記念の小話が入り込んでしまいましたが…汗

大事なところは、間隔詰まった開幕週でAコース替わりという点です。

 

ダートは含水率低い良馬場ですので、タフで時計がかかる馬場を想定しています。

 

阪神競馬場

開幕週の芝コース、特にエアレーションやシャタリングをかけた掲載はありませんでしたので、若干インと先行馬有利になることを想定しています。

時計は水準程度かと。

 

ダートコースは、金曜段階で稍重発表でした。

多少の回復はあると考えますが、比較的脚抜きの良い馬場状態になる可能性が高いと見ています。

 

小倉競馬場

芝コースはややインが荒れてきた感はありますが、Bコースに変わることで先行馬が残りやすい傾向が出現する可能性があります。

ただし、小倉の芝レースは展開に左右される傾向が強いので、ペースが上がってインがごちゃつくと外差しレースになるケースもあると見ています。

このくらいの馬場状態が難しいです…

 

ダートコースは水分多めの稍重発表です。

位置取りの面でデータを見ますと、脚抜きが良くなることで特に大きな変化は見られません。

しかし、率を見れば先行勢有利の傾向が出ています。

 

では、明日の勝負レースを公開していきます。

 

 

勝負レース

小倉2R サウスパッキオ

短縮得意のサウスヴィグラス産駒です。

前走はタフな馬場&コースへの距離延長で、ここでの凡走が距離短縮でパフォーマンスを上げる可能性を高めたと考えます。

 

コーナー4つから2つ、1400m→1000mへの距離短縮。

行ききってくれればアタマまであると考えます。

 

相手にはスマートアクシス。

人気ですが、ゲートが上手くダッシュ力を見込める血統背景、更に外枠と評価を落とす要素がありませんでした。

出遅れだけ怖いですが。

 

 

阪神5R ヨハン

ヨハネスブルグ産駒、休み明けのダート先行馬は素直に買いです。

前走の東京ダートマイル戦は、決して優しいメンバーではなかった中で、直線半ばで先頭に立つシーンもありました。

スタートも楽に3番手につけましたので、芝スタートなら距離短縮も置かれるリスクは低いと見ます。

 

決め打ち騎乗してくれる藤岡佑介騎手もプラス評価。

小柄な馬ですので揉まれたくないですが、外から前に行くのはボストンテソーロ1頭でしょう。

シンゼンブースターが新馬戦を先行して勝っていますが、速いタイムで前に出たわけではありません。

更に、元々テンが速くない傾向強いオルフェーヴル産駒ですので、今回は前に行けないと考えます。

 

気で走るタイプにも見えますので、馬体重増やして欲しいです。

差して味は出ない感が強いので、スッと先行して欲しいですね。

前走人気薄での好走が唯一引っかかる点ですが、休み明けで間隔を取ったことと、産駒傾向として牡のダート戦は反動よりも勢いが優る点も考慮しての本命です。

 

 

阪神10R スタークォーツ

5Rに続いて藤岡祐介騎手が乗る馬が本命です。

あくまで偶然ですが、どっちも来たら大好きになっちゃうと思います。笑

 

さて、この馬の近走を見ていきます。

4走前の小倉ダート1000mをダート替わり&距離短縮で勝った次走、京都ダート1400mを4着します。

精神的に脆い馬なら、この局面は大敗して然るべき臨戦ですので、先行すれば厳しい臨戦でも踏ん張れるところを証明したレースになりました。

3走前に頑張った、というのがポイントですね。

疲労はなく遠い戦歴ではないので、能力落ちの可能性は低いのです。

 

2走前は芝に戻って楽に逃げて快勝。

負かしたのはフェアリーS2着馬のホウオウカトリーヌ。

 

そして前走の阪神JF。

テン3F34.8秒と前走より1秒以上速い展開で、前に行ききれませんでした。

1頭かなり押していたから鞍上が抑えた、というのが正しいかと思います。

自分でペースを握れず、更に勝負所で前に壁ができている状況になって走るのを止めてましたね。

鞍上のGoサインにも全く反応を示しませんでした。

 

今回は頭数が減り、メンバーレベルも楽になります。

ディアンドルは強力ですが、距離延長でテンを加減するようならチャンスはあります。

とにかく逃げて欲しいです。

 

ちなみに、メイショウボーラ―産駒の牝馬で阪神芝1400m(良)の戦績を見ますと、13走して3着内なしと惨憺たる数字が見れます。

しかし、前走先行できず、短縮臨戦で臨む馬はスタークォーツが初めてになります。

合わせて、先行できた馬の成績が優秀である産駒傾向を見ますと、この惨憺たる成績も期待値を上げてくれるファクターになり得ると強弁しておきます。(笑)

 

 

中山12R マイネルユキツバキ

ベタな中山ダート巧者ですが、今回はかなりスパイスが利いていますので本命候補にします。

 

そのスパイスとは、近3走の内容にあります。

 

3走前は後の牝馬限定重賞の勝ち馬が1着、今年の東海S2着馬が3着したハイレベルなメンバー。

ここで番手追走し目標にされて3番人気5着(0.4秒差)。

 

2走前は中山替わりで本命にしていましたが、先行潰れの展開に泣かされ3番人気9着でしたが、先行勢では最先着しました。

 

前走は京都ダートでしたが、時計が出る馬場と速い上がりを持つ馬に向く展開で4番人気5着。

 

今回は内田騎手替わり、外目の枠で被せてくる馬もいません(キングズラッシュ?)。

外枠スムーズ、時計がかかる馬場、不利続きの近走。

更に、特殊なコース形態である中山ダート1800m得意のアイルハヴアナザー産駒と買い要素は揃いました。

 

おそらく上位人気にはなりますが、今回スムーズなら人気以上に走ってくる可能性は高く、他の上位人気は近走で展開に乗れた馬が多いこともプラス材料です。

その分、相手が難しいですが…

 

最後に中山4Rペイシャルキスは、前走のレース回顧の時点で仕込んでおいた穴馬候補でしたが、思いの外オッズが下がっていますので見送る可能性が高いです。

 

 

競馬ブログのランキングに登録しています。

心ばかりの応援クリックを頂けると、大きな励みになります。

宜しくお願い致します。


最強競馬ブログランキングへ

 

ブログ更新はTwitter(@dai_senryaku)でお知らせしております。

それ以外にも、競馬のことで気づいたこと、一言お伝えしたいこと、勝負レースの結果などポチポチつぶやいてます。

フォロワー登録、大歓迎です!

宜しくお願い致します。

 

 

また、下記のボタンからの読者様も歓迎しております。

レース予想のみならず、皆様の馬券予想に役立つ事を目的とした記事の構成を練っています。

ブログ読者のご登録もお気軽にどうぞ!