ダイの戦略競馬

馬券期待値の高い激走馬を探り、馬券戦略で生き残る!

【2019 クイーンC】クロノジェネシスの見解!注目はベルクワイア、レッドベルディエス!

f:id:iverson0173:20190108230859p:plain

当ブログへのご訪問ありがとうございます!

ダイ(@dai_senryaku)です。

 

勝手ながら二週間ほど競馬から離れました。

滅多にあることではありませんが、継続こそ力になるブログの更新が途絶えてしまったのは信頼に欠く行為であったと存じております。

 

気持ちを新たに更新を再開してまいります。

何卒、宜しくお願い申し上げます。

 

 

今回は土曜の東京競馬場11R、クイーンC(芝1600m、GⅢ)を攻略していきます。

 

想定1番人気 クロノジェネシスの見解

バゴ産駒の主な牝馬は、ダートの活躍馬が多く、また距離変更と位置取りを変えることで穴を開けるパターンが散見されます。

若いうちは芝レースの緩急にも我慢できますが、レースを重ねるに連れ、一本調子に気分良く走りきることを好む傾向が出ます

バゴ産駒のクリスマスが、アルテミスSを先団追走で凡走し、阪神JFは後方待機から4着に好走できたことからも、異質なレース性質や極端な位置取りで気持ちが乗りやすい傾向があると言えるでしょう。

このように極端な位置を好むタイプは、馬群の中で競馬を展開することを得意としません

芝レースの緩急を嫌がり、直線で馬群を割るような走りはこなせないのです。

 

クロノジェネシスは今回が4戦目で、まだ消耗が低い状態です。

よって、今回このレースをこなす可能性はそれなりにはあります。

単勝2倍を切る1番人気ともなると、やはり期待値は低いのではないでしょうか。

 

高期待値注目馬① ミディオーサ

新馬戦は1頭外から伸びましたが、先に抜け出したエメラルファイトにタイム差なしの2着。

エメラルファイトは2勝目を挙げています。

 

未勝利戦は着差こそ目立ちませんが、好位から抜け出し終い緩める余裕がありました。

 

アルテミスSは外から差した馬同士の決着となりました。

ミディオーサは内目を展開し、垂れた馬が壁となりブレーキをかける不利がありましたので着順ほどは負けていません。

 

赤松賞は先行勢が上位独占したレース。

更に、勝負所で外に出せずインに突っ込みましたが、前にいる馬がふらつきスピードを加減せざるを得ませんでした。

 

さて、不利があるレースが続いていますが、スムーズなら上位まで詰めたか?と言われると、多少疑問符がつきます。

赤松賞はメンバーレベルにも疑問がありますし。

ただ、人気薄であれば複勝圏への食い込みは考慮して良いと考えます。

 

高期待値注目馬② レッドベルディエス

新馬戦は差されて2着となりましたが、3着以下に7馬身の差をつけましたので、連対した2頭は抜けた能力を持っていました。

更に、後方待機の馬が掲示板前後に来ていることから、3番手から展開し小差2着と言う結果は価値があると見ていいでしょう。

 

次走の未勝利戦では先行した2頭が残る展開を、外から悠々と差しきり圧倒的人気に応えました。

この2戦の内容から、まだ能力的な底は見せていないとして良いでしょう。

 

今回は休み明けのレースとなりますが、クラシックを見据えるとここで賞金を加算したいところ。

現代競馬では、休み明けはむしろ走り頃にもなり得ます。

ノーザンファーム生産馬であればなおのことでしょう。

 

この馬の問題は騎乗予定のブロンデル騎手ですかね。

まだクセは見出せていませんが、日本の競馬に対応できていない状態であることは確かです。

 

 

競馬ブログのランキングに登録しています。

心ばかりの応援クリックを宜しくお願い致します。


最強競馬ブログランキングへ

 

ブログ更新はTwitter(@dai_senryaku)でお知らせしております。

それ以外にも、競馬のことで気づいたこと、一言お伝えしたいこと、勝負レースの結果などポチポチつぶやいてます。

フォロワー登録、大歓迎です!

宜しくお願い致します。

 

また、下記のボタンからの読者様も歓迎しております。

レース予想のみならず、皆様の馬券予想に役立つ事を目的とした記事の構成を練っています。

ブログ読者のご登録もお気軽にどうぞ!