ダイの戦略競馬

馬券期待値の高い激走馬を探り、馬券戦略で生き残る!

【2019 愛知杯】穴人気必須のレイズアベールの不安要素

f:id:iverson0173:20190108230859p:plain

当ブログへのご訪問ありがとうございます!

ダイ(@dai_senryaku)です。

 

今週は中京競馬場の芝2000mで開催される愛知杯、

このレースで穴人気必至と見ているレイズアベールへの見解を公開します。

 

昨年のメイズオブオナーとの比較

 

さて、穴人気必須のレイズアベールを分析する前に、昨年同じような状況で出走したメイズオブオナーについて触れておきます。

 

 

メイズオブオナーはダートで未勝利を勝ち上がり、以後追い込む競馬で2勝し、斤量50㎏という軽ハンデで愛知杯に臨みます。

父ハーツクライの差し馬ということで、条件馬ながら5番人気に推されます。

レースでは内枠から終始インコースを進み、直線で進路確保に苦戦し度々ブレーキがかかり、外からスムーズに展開した馬を捉えられず5着に終わりました。

斤量50kg、差すパフォーマンスが目を引くハーツクライの牝馬…

とても似ていますよね?

 

メイズオブオナー≒レイズアベールの理由

レイズアベールの兄弟には、芝重賞で好走したヴォルシェーブ、リルダヴァルがいます。

これを加味すると昨年のメイズオブオナー同様、単勝オッズ10倍前後まで人気するのでは?と思案しています。

 

レイズアベールのこれまでのパフォーマンスを見ますと、

馬群から抜け出すのを不得手とし、加速のタイミングでブレーキがかかると凡走しています

つまり、馬群の外に出せなかったレースは、いずれも良いところなく大敗してるのです。

これまでの好績は、全て加速がスムーズだったもので、直線外に出して展開がハマれば勝ち負けというものでした。

 

レイズアベールの評価

ブログ主は、

差すパフォーマンスが目を引くハーツクライ産駒が軽ハンデ!

という理由で飛びつくのは早計と考えています。

 

真ん中~外枠に入り、外差しが利く馬場なら勝負になるかと思いますが、スムーズに加速できないケースでは脆さがあることを認識しておくべき。

更に、愛知杯では外目の枠ですら、直線で他馬にぶつけられたりするケースがあります。

 

これらの理由から、

展開に恵まれてどこまで?

というのがレイズアベールへの評価です。

むしろ、愛知杯の次走で少頭数になった所を狙う方が、期待値は高いでしょう。

 

愛知杯での本命候補は決まっていますが、枠順などが決まった上で発表したいと思います。

 

次回は、シルクロードSで注目したい穴馬についての見解を公開します。

 

 競馬ブログのランキングに登録しています。

心ばかりの応援クリックを宜しくお願い致します。


最強競馬ブログランキングへ

 

ブログ更新はTwitter(@dai_senryaku)でお知らせしております。

それ以外にも、競馬のことで気づいたこと、一言お伝えしたいこと、勝負レースの結果などポチポチつぶやいてます。

フォロワー登録、大歓迎です!

宜しくお願い致します。

 

また、下記のボタンからの読者様も歓迎しております。

レース予想のみならず、皆様の馬券予想に役立つ事を目的とした記事の構成を練っています。

ブログ読者のご登録もお気軽にどうぞ!