ダイの戦略競馬

馬券期待値の高い激走馬を探り、馬券戦略で生き残る!

【土曜勝負レース】京都10R、京都11R、中京12R

f:id:iverson0173:20190109234451p:plain
 

当ブログへのご訪問ありがとうございます!

ダイ(@dai_senryaku)です。

 

さて、明日は重賞のない土曜ですが、中山が開催最終日、そして中京競馬場の開催が始まります。

中京競馬場は開幕週ですので、馬場の傾向は不明。

よって、傾向を見ながらにはなりますが、明日の勝負レースを公開します。

 

土曜勝負レース

京都10R キングリスティア

新馬を緩く逃げて圧勝。

ホープフルSはスタートの出遅れから後方に控え、揉まれる事こそなかったが、大外ぐるりと差す馬は見せ場を作れない展開でした。

それでも、前走は上がり最速で脚を伸ばしているので、走る気力は萎えていませんし、むしろタフな馬場が合うことを証明した1戦と考えます。

陣営からは逃げ宣言が出ていますし、出走メンバーを見渡しても他に確たる逃げ馬はいません。

このタフな馬場で他馬の意識が上がりに向くなら、まんまと逃げ切る展開を見込めます。

 

前走上がり33.3秒で新馬戦を快勝したサトノウィザードですが、スピードを削がれる馬場では割引したいです。

上がり33秒台は見込めない馬場で抜けた1番人気になるなら、ここは買わない方が得策と見ます。

それでもルメールが上手く位置取りを取って勝つかもしれませんが。

 

相手にはリオンリオン、ヴェロックスを挙げます。

 

 

京都11R バイラ

前走は高速馬場で上がり3F最速34.7秒、芝のレース並の時計で4着と好走しました。

しかし、内内を抜けてきた好走であり、今の京都ダートはタブで、外から上がり37秒台でしぶとく差す脚を求められます。

さて、バイラは京都ダートで3勝を上げており、いずれも良馬場でのものです。

更に、1400mの良馬場に限れば2戦2勝。

いずれも上がり3F37秒台で、終いのしぶとさを活かした競馬でした。

戦績全体を見ますと、上がりがかかるタフな馬場で、かつ揉まれない展開で成績は安定しています。

よって、大外枠で揉まれないこと、先週に引き続きタフな馬場状況もこの馬に味方をすると見ます。

 

他では、サングラスは距離短縮得意のスタチューオブリバティ産駒です。

速い上がりは必要としない馬場、外枠で揉まれないのも良いでしょう。

馬体が絞れれば面白そうです。

 

ヒデノインペリアルは外目をスムーズに展開できれば、前走より更に上昇が見込めます。

その前走は、外から差した馬の中では最先着した馬です。

タフな馬場で突き抜けるまでの期待値は低いと見ますが、上位進出は十分可能性ありと見ます。

 

 

中京12R レディギャング

前置きになりますが、外差し有利ではない馬場状態であることが大前提の本命です。

理想は差しも先行も上位に来るフラットな馬場状態です。

 

さて、戦績を見てみますと、マイルで3角先頭、もしくは2番手につけた場合の成績が(1-3-0-2)です。

4着以下だった2走は、いずれも差し有利になりやすい阪神の外回りマイル戦で、かつテンの3Fが34.1秒、34.2秒と速かったことが仇となったもの。

2走とも34秒前後の上がりで差されています。

それでも、3走前の阪神外回りマイル戦では14番人気4着(0.3秒差)と好走しています。

前走はダート戦でしたし、今回芝に戻って休み明けとなれば、前向きさとスピード能力が活きます。

マイルでも逃げて好績を残しているのですから、1400mになれば更に良さが活きる期待を持てます。

外差し顕著な馬場傾向、もしくは馬体重大幅減であれば見送ります。

 

 

 

競馬ブログのランキングに登録しています。

心ばかりの応援クリックを頂けると、大きな励みになります。

宜しくお願い致します。


最強競馬ブログランキングへ

 

ブログ更新はTwitter(@dai_senryaku)でお知らせしております。

それ以外にも、競馬のことで気づいたこと、一言お伝えしたいこと、勝負レースの結果などポチポチつぶやいてます。

フォロワー登録、大歓迎です!

宜しくお願い致します。

 

 

また、下記のボタンからの読者様も歓迎しております。

レース予想のみならず、皆様の馬券予想に役立つ事を目的とした記事の構成を練っています。

ブログ読者のご登録もお気軽にどうぞ!