ダイの戦略競馬

馬券期待値の高い激走馬を探り、馬券戦略で生き残る!

【2019 金杯】中山、京都の金杯の予想を公開!

ども!

ダイ(@dai_senryaku)です。

 

予想に入る前に、一点お知らせがございます。

2019年1月1日から更新を開始した当ブログですが、システムの都合でサイトデザインを一から練り直すことになりそうです。

お気づきかと思いますが、スマートフォンの記事表示と全体のサイトデザインの折り合いがつかず、お見苦しい点が多々ある状態になっています。

まだ、サイト運営を開始した直後ということで、ご訪問される方が少ないうちにしっかり対応していく所存ですので、何卒ご容赦のほど宜しくお願い致します。

 

では、明日の重賞を2レース予想していきます。

 

中山金杯

中山芝2000mを舞台に開催される2019年最初の重賞。

ただ、最初の重賞でありながら、中山開催は12月から続いている、ということを確認しておきたいです。

つまり、ホープフルSの結果に攻略のヒントがあると言えます。

 

その結果を振り返りますと、掲示板に載った5頭のうち、5枠より外だったのは逃げた馬と2番手を走った馬。

差して3着内は上位人気とは言え4枠より内でした。

ただし、6着のヴァンドギャルドに関しては、外枠から差して直線詰まる不利がなければ上位に食い込んだでしょう。

よって、真っ先に外枠の差し馬を全て軽視するというのも乱暴かと思います。

 

予想戦略

1. 内枠の好位差しがベスト

2. 先行馬の前残りに警戒

3. 外枠の差し馬は抑えに

 

前日予想

◎ エアアンセム

本命はエアアンセムです。

前走は連対した2頭が斤量55㎏、エアアンセムは57㎏を背負い1番人気で3着でした。

更にこの馬は2歳時にホープフルSを内枠で勝っていますので、適性も十分と見ます。

 

○ コズミックフォース

キングカメハメハ産駒は、大幅な距離変更(特に短縮)を得意とする傾向があります。

更に、2200m以上で安定しない戦績傾向から見るに、中山2000mへの短縮は一変の可能性は十分見込めます。

同コースの戦績を見ますと、京成杯は2着でしたが勝ったのが後に皐月賞を3着と激走したジェネラーレウーノでしたので、コース適性の上積みは十分見込めます。

 

▲ ランガディア

☆ マウントゴールド

△ アドマイヤリード

△ ウインブライト

以下、内枠から初重賞のランガディアを上位に抑え、外目に入った実績上位を警戒しつつ、馬券を組み立てようと考えています。

多少の紛れも考慮しつつ、ワイドと馬連で組み立てるのがベターと見ます。

 

京都金杯

今年の京都金杯は多頭数での開催ということで、馬場状態の影響を受けやすいレースとなりそうです。

また先日のレース攻略ポイントで触れましたが、斤量の影響を受けやすいレースでもあります。


 これを踏まえて、予想戦略を練っていきます。

 

予想戦略

1. 軽斤量の実力馬

2. 内枠優先

3. ペース次第では逃げ・先行馬が残る

 

 前日予想

◎ サラキア

斤量が想定より軽く、内枠に入ったことで期待値が見込めるこの馬をチョイスしました。

とは言え、前残りを警戒すべきレースで出遅れ癖があるこの馬を本命に据えるのは、やはりリスクが大きいとも言えます。

しかし、相手のグァンチャーレのハンデが56.5kgということで、単の期待値を見込めないため仕方なく軸に…という本音があるのも事実です。

 

〇 グァンチャーレ

競馬最強ランキングでは本命としましたが、斤量面がどうも引っかかるので対抗としました。

このレースの本命・対抗はかなり悩ましいです。

内枠から脚を使えるタイプを狙うならこの馬と見ますが、前走を激走し、更に前走比較で上位人気に推されるとなると積極的にはなれません。

 

▲ アドマイヤアルバ

☆ アサクサゲンキ

△ パスクアメリカーナ

△ マイスタイル

以下、内枠から好位差しなら期待値高いアドマイヤアルバを上位に抑え、前残りの警戒をしつつ、人気差し馬をヒモに抑えていきます。

 

さて、かなり悩ましい予想となった京都金杯ですが、ズバッとハマる馬が見当たらないレースですので、やや控えめな勝負か思い切って見ることも検討しています。

オッズだけで見れば、的中した場合の破壊力は十分見込めますが、不確定要素も多いと見ているのが本音です。

場合によっては先行破綻からの外差し決着も考えられるメンバー構成ですので、馬券の勝負度合いは低いですね。

 

 

競馬ブログのランキングに登録しています。

心ばかりの応援クリックを頂けると、大きな励みになります。

宜しくお願い致します。


最強競馬ブログランキングへ

 

ブログ更新はTwitter(@dai_senryaku)でお知らせしております。

また、下記のボタンからの読者様も歓迎しております。